最強のハゲ薬、ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットとは?

ミノキシジルには高い発毛効果を有しておりミノキシジルタブレットはミノキシジルの内服薬です。ミノキシジルはロゲインなど外用剤、内服薬、注射などがあります。元々ミノキシジルは高血圧の処方薬として現在のファイザー社により開発された成分ですが治療中の患者に多毛症が認められたことから、医療用の発毛剤として改めて開発されました。

日本ではミノキシジルを高血圧に処方することはないです。ミノキシジルとプロペシア、ザガーロを比較するとAGAの原因物質である男性ホルモンDHT産生を抑制するプロペシア、ザガーロと作用機序が違い、ミノキシジルは主に血流を良くする事で毛細血管から毛乳頭に栄養を与え、発毛を促します。そのためミノキシジルは女性でも服用することができます。それに、プロペシア、ザガーロとの併用治療も可能です。ミノキシジルタブレットはミノキシジル外用剤のロゲインと違い、直接体内に吸収されるから、ミノキシジルタブレットが発毛・育毛により高い効果を発揮します。

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットの育毛効果は、その主な成分であるミノキシジルによってもたらされます。ミノキシジルは、もとは高血圧症の治療薬として用いられてきました。ところが、ミノキシジルを服用していた高血圧症患者に多毛症が見られるようになり、育毛剤としての開発が始まりました。

初めは、内服薬としてどうにか育毛効果を安全に得ようとしていましたが、やはりもともと高血圧治療薬でしたでから、正常な血圧の方が安全に服用することは難しいと言う結論に至りました。

そして、ミノキシジルは外用薬として開発・販売されました。もちろん塗るだけでも高い育毛効果を発揮しますから、今では薄毛治療薬として一般的なものとなっています。

育毛剤の主な効果は、大きく分けて2つに分類されます。

・抜け毛を抑制する効果
・髪を生やす効果

 

ミノキシジルは、血管拡張作用によって、頭皮の血流を改善する効果を持っています。髪の合成は、血液に乗って運ばれてきたタンパク質を材料に行われますが、薄毛の方は、血流が滞っているため髪の合成ができにくい状態となっています。

薄毛に悩んでいる方のほとんどは、髪が成長する力は持っているのに、血流不足のために十分成長しきる前に抜けていってしまうという方です。ミノキシジルの血管拡張作用は、血流が滞っている頭皮の血流を改善し、髪の成長を促してくれます。

薄毛で悩んでいる人々の頭皮の血管は、思っている以上に萎縮しています。頭は心臓より上に位置するから、血流が頭部にまで届き難くなりやすいです。足がむくむことはあっても、頭部がむくむなんてことは、日常生活ではほとんど起こりません。

ミノキシジルは塗るタイプもありますが、頭皮からの吸収率は低く、ミノキシジルの効果を最大限受けられない。ミノキシジルが高濃度の育毛剤もありますが、どれも15%止まりとなっています。

ミノキシジル濃度があがると、液体の粘度も同時に上がってしまう。濃度が上がっても、粘度の上昇によって頭皮への浸透力がなお悪化してしまうから、効果の上昇は小幅なものとなってしまいます。

ミノキシジル配合の育毛剤で頭皮がかぶれてしまう人の中には、ミノキシジルの副作用でかぶれたのではありません、ミノキシジルの粘度を落とす添加物が原因の場合もあります。その時には、他の育毛剤に変えることで症状が改善されることもあります。

ミノキシジルタブレットは直接に頭皮への塗布ではありません、体内へ摂取しますから、ミノキシジルの育毛効果を最大限受けることができます。塗るだけでも、多くの方が発毛を実感できるミノキシジルですから、タブレットとして摂取すれば、最高の育毛効果を実感できます。

ミノキシジルタブレットの有効成分

ミノキシジルタブレットの有効成分ミノキシジルはもともと高血圧治療の薬として開発された薬です。主な効果は血管の拡張作用。血管を広げて血液の循環を活発にします。そんな、高血圧症の治療薬が薄毛治療に取り入れられたのはミノキシジルの投与中の患者からほぼ100%の割合で副作用として全身の発毛や多毛症が認められたからです。

ミノキシジルタブレットは現在の日本では薄毛治療の薬としては認可されていないから、個人輸入か取り扱いのある発毛専門クリニックで入手することができます。発毛や育毛に強力な効果がある反面、血管疾患などの持病を持っている場合など、重大な副作用が発症する可能性が高くなるから服用できないケースもあります。副作用の危険性はさまざまな臨床実験などにより実証されているので治療に取り入れる際には十分の注意が必要です。

高い発毛効果や育毛効果が実証されているミノキシジルタブレットはミノタブと呼ばれ薄毛に悩む人たちの間でも注目の薄毛治療薬です。

本来は、高血圧症などの治療のために開発された血管拡張剤だったのですが、ミノキシジルタブレットの主成分“ミノキシジル”が高い確率で副作用に全身の発毛や多毛症などの症状が現れたため薄毛治療における発毛・育毛剤として使用されるようになりました。

ただし、高い発毛効果を発揮する反面、一歩使用方法を間違えれば重大な副作用を引き起こす可能性もあります。

ミノキシジルタブレットの正しい服用方法

ミノキシジルタブレットは基本的に降圧剤として製造販売されているものです。つまり、AGA治療薬としての認可はされていなという状況です。

ミノキシジルタブレットを作っている製薬会社の説明書を見てみても、高血圧の治療に関する用法用量については当然記載されていますが、薄毛治療に使うときの服用方法や用法用量については何の記載もありません。

目安量はどれくらい?

ミノキシジルタブレットの錠剤には、以下の3種類があります。

・2.5mg
・5mg
・10mg

 

育毛薬として服用する時は、1日2.5~10mg程度が目安です。といっても、いきなり10mgから始めるのは危険性が高すぎます。最初は2.5mgから始めて、様子を見ることをおすすめします。

ミノキシジルタブレット服用のタイミング

高い効果を実感するためには、できるだけ長く体内に有効成分をとどめておく必要があります。だから、成分の血中濃度を維持するために、1日2回朝と夜に服用すると効果的です。

ただし、繰り返しになりますが、ミノキシジルタブレットには副作用が強く出る可能性がありますので、最初は夜に2.5mgだけにしておくとよいでしょう。また、1日1回の場合は、毎日同じ時間に飲むようにしましょう。

様子を見ながら、徐々に朝と夜に2.5mgずつ飲んで一日量を5mgにしていき、大丈夫そうなら10mgまで増やしていっても良いでしょう。常に体調に気を配り、無理せずに増減するのが適切な服用方法です。

ミノキシジルタブレット服用時の注意点

空腹時にミノキシジルタブレット摂取はいいですか

ミノタブを飲むタイミングは、1日2回、朝と晩に5㎎ずつというのが良いとされています。これは1日2回摂取することで、ミノキシジルの効果がより長時間持続するためです。

しかし、摂取量を増やすと、副作用の危険性がありますからまずは夜に5㎎だけ飲んだ方が良いという意見も見られます。

別に問題ないようであれば、服用する回数を増やしてみても良いでしょう。

効果に関しては、どのタイミングで飲んでも変わりはないようです。

しかし、空腹時に摂取すると胃や肝臓などに大きな負担をかける恐れがあります。

そこで食事をした後に摂取するといいです。

髪の毛が最も成長するのは、深夜と言われています。そこで眠る前にミノタブを摂取すれば、より大きな発毛効果が期待できます。

ミノキシジルタブレット空腹時の摂取はダメ、食事中は?

ミノタブは空腹時に服用すると胃などの内臓に大きな負担がかかってしまいます。

胃腸がもともと弱い人が服用すると不快感の出る恐れがあります。

食事中、食べ物と一緒に摂取しても問題はないでしょうか?食べ物に関しても、別に一緒に摂取しても問題はないようです。

その他にもお茶やコーヒーと飲むことで、効果が薄れるといった話はないです。

ただし、基本的には水と一緒に飲む、薬の基本的な飲み方で服用することをおすすめします。でも、風邪薬のような、他の医薬品と一緒に飲むと効果が半減する、逆に効果が出すぎる可能性があります。

そこで、風邪薬を服用してから、少なくても2~3時間程度時間をおいてから摂取することが大事です。

ミノキシジルタブレットを飲む間隔は?

ミノタブで注意してほしいこととして、もともとは育毛のための薬ではない点です。

高血圧症の患者が血圧を一時的に下げるために服用する薬です。

このため、長期にわたって服用すべきものではありません。

ある程度の効果を実感できたところで、毎日摂取していたものを1日おきとか2日おきといった感じで徐々に間隔をあけていきます。

そして外用タイプのものに切り替えていくという方式が理想です。

血圧の急激な変化を抑制するためにも、徐々に量を少なくすることを心がけましょう。

ミノキシジルタブレットを飲んではいけない人

ミノタブは元々、高血圧治療薬として開発されました。ですから、血管を拡張して血流を良くする効果があり、その影響によって健康を害してしまう恐れのある人は、服用すべきではありません。

具体的には、以下のような人にはミノキシジルタブレットを飲んではいけません。

・低血圧の人
・循環器系に持病がある人
・人工透析を受けている人
・今まで他の育毛剤を使ったことがない人
・未成年の人
・女性

 

つまり、ミノタブを試してもいいと思われるのは、心疾患などがない健康な成人男性で、中でも他の育毛剤で効果が認められなかった人が最終手段として使うのが、ミノタブの適切な使い方なのです。その場合も、医師や薬剤師に相談してからの方が良いです。

女性の方が服用しても大丈夫?

最近、女性の方も薄毛に悩んでいる人が増えています。女性がミノタブを服用しても問題はないのでしょうか?結論から言うと、まだ女性がミノタブを服用した事例というのがあまり多く報告されていません。

このため、安全性その他に関してはまだはっきりしたことがわかっていないというのが実情です。安全性が確認されていないわけですので、使用しない方が無難となるでしょう。

どうしてもミノキシジルを使いたいと思っているのなら、外用タイプの頭皮に直接塗布するものを使ってほうがよいです。

きちんとした管理のもとで服用する

このようにミノタブは、医薬品ですから使い方を誤ると私たちにとって毒になる危険性があります。そこでミノタブを使って薄毛対策をするのであれば、使い方をしっかり理解した上で服用してください。

長期間継続して服用しない方が良いこと、服用してはならない人がいること、空腹時にはなるべく摂取しないようにすることなどを心がけましょう。

ミノキシジルタブレットの副作用

内服するミノタブではミノキシジルが体の内部から直接作用するから、効果も外用薬とはケタ違いに高くなります。副作用も当然ながら頭皮にとどまらない広範囲に及びます。

以下はミノキシジルタブレットの副作用

・動悸・息切れなど心臓の異常
・全身の多毛
・むくみ、めまい、頭痛
・反射性高血圧
・腎性全身線維症
・高カリウム血症
・肝機能障害
・胸痛
・皮膚・顔の赤み
・多臓器不全
・性欲減退
・意識障害(眠気・もうろう)
・体重増加

 

これだけ副作用が強い薬なので、薄毛治療に使う時には最低でも半年ごとに血液検査や尿検査、心電図や心臓のエコー検査といった全身的なチェックが必要になります。

心臓への影響

ミノキシジルの血圧を下げる作用ので、血管が広がり心臓は血液を多く送り出すために仕事量が増えます。広がる血管は主に動脈で、静脈はさほど広がらず血流は不均衡です。

副作用として現われるのが、胸がどきどきする動悸だったり、心臓の酸素が不足して起こる狭心症の発作、不整脈といった心臓血管の症状です。

むくみ、めまい、頭痛、倦怠感

血圧の低下による症状です。副作用の程度としては軽度ですが、起こる頻度はかなり高いです。これも心臓同様に循環器系統におこる副作用です。ミノタブの血圧低下作用で血管が広がると、血液の流れが弱くなり、老廃物や余分な水分が溜まりやすくなります。顔に水分がたまってむくみが現われることが多いですが、場所や程度には個人差が大きくなります。

体毛が濃くなる

体毛が濃くなるは最も頻度が高い副作用です。毛が生えるのは頭だけに限定できないのがつらいところです。

生えるのは主に次のような部分

・腕
・指、手の甲
・胸
・太もも
・足指、足の甲
・肛門から玉袋周辺
・もみあげからあごにかけて

 

副作用は個人差もありますが、ゴリラみたいになることはないようです。衣服などで隠れてわからない部分も多いから、あまり気にしないのも対処法です。

高血糖・老化

血管を拡張する作用に伴うもので、カリウムチャネルを開くことでインスリンの分泌が抑えられます。すると血糖が高くなって血管を損傷・老化させ、それに伴って皮膚のシワなど見た目の老化も進みます。

その他の副作用

高カリウム血症

血液の中のカリウムが増える症状。手足が腫れたり筋力が落ち、不整脈、頻脈が起こるきっかけになります。

多臓器不全

心臓や腎臓の負担が大きくなって、機能が低下することから派生する症状です。複数の臓器に同時に障害が起こり、命にかかわる重篤な状態になります。

腎性全身性繊維症

腎臓の負担が増え、機能が低下することで引き起こされる症状で、皮膚の腫れ・硬化で手足が動かしにくくなります。

併用しなくてはいけない薬

利尿剤

ミノタブを飲むと、体内に塩分や水分が溜まりやすくなります。これがむくみの原因になるわけですが、それだけでなく心臓を包む膜の内部に水分が溜まり、心臓を圧迫します。心臓のポンプ機能が低下して血液を送り出すことができず、全身の機能低下にもつながります。

β遮断薬か交感神経抑制剤

ミノタブの作用で血圧が下がると、それに脳が反応して交感神経を刺激、血圧を上げようとします。すると反射性高血圧、反射性頻脈が起こり、狭心症を起こす危険性があります。

併用してはいけない薬

ミノタブはもともと高血圧治療薬で、血圧を下げる薬です。なので血圧に関係する薬との併用はダメ!場合によっては異常な血圧になって危険な状態になりかねません。

次のような薬の成分もダメ

バイアグラ、シアリスなど:ED治療薬は全般に併用禁止
イブプロフェン:鎮痛解熱剤(風邪薬、痛み止めに多い成分)
スマトリプタン:偏頭痛薬(血管を収縮させ、効果を打ち消し合う)

他にもあるから、どんな薬かわからない時はミノタブを止めてくだい。