AGA総合情報

AGAとは

AGA

AGAは、成人男性に多くみられる脱毛症です。日本では、1000万人以上の方が抜け毛や薄毛で悩んでおり、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)といわれています。AGAは男性だけではなく女性の方でも起こるかもしれません、女性の場合は男性のように局部的に脱毛することはほとんどなく、全体的に薄毛になっていくのが特徴です。

それに、一般的にAGAは30代から50代までの中年男性にみられる症状ですが、最近では20代の若者のAGAも増えてきました。特にAGAは進行性がありますから、何もせずにいるとゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・薄毛が徐々に目立ってきます。

ただし、AGAの症状は薄毛になっても、うぶ毛は残っていますから、毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります、ご安心ください。

薄毛のメカニズム

毛髪は植物と同じように1本1本寿命があり、一定のサイクルにしたがって、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返します。本来髪の毛とは抜けるものなので、シャンプーの時の抜け毛や朝起きたときの枕元の抜け毛などはあまり気にする必要はないです。

正常時のヘアサイクル

成長期が2年から6年までとなり、時間をかけてしっかりと成長していきます。正常な毛髪のサイクルが保たれていれば、薄毛になることもありませんが、実はこのサイクルを乱す物質が存在します。それは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンの一種で、本来は男子の胎児期に外性器の発達を促す重要な働きをするホルモンです。

AGAのヘアサイクル

成長期が数か月〜1年となり周期が早まることで弱毛と呼ばれる髪の毛が増えていきます。ところが、このDHTは思春期を過ぎると、AGAだけではなく、ニキビや前立腺肥大などの症状を引き起こす悪玉男性ホルモンへと変化してしまいます。

DHTは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって変化したもので、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまいます。

アルファーリダクターゼにはタイプIとタイプIIの二種類が存在し、それぞれⅠ型DHTとⅡ型DHTを生成します。AGAが出現する前頭部と頭頂部にはタイプⅡの5αリダクターゼが主に存在し、AGAが出現しにくい後頭部と側頭部にはタイプⅠが多く存在してるのです。

普通、生えた髪の毛は2年から6年まで維持されるはずなのですが、DHTタイプⅡが標的器官である前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターに接続すると脱毛に関するタンパクを生成し、一気に毛髪の寿命を縮め、数ヶ月から1年で成長が止まってしまいます。

そのタンパク質の代表的なものがTGF-β1と考えれています。TGF-β1は細胞の働きを調節する内因性生理活性蛋白質でサイトカインの一種です。TGF-β1が毛包細胞に存在するTGF-β1レセプターに結合すると毛包細胞の細胞自然死が起こり、毛周期が退行期へ誘導されてしまうのです。現在にはAGA治療の唯一の内服薬であるプロペシアは5αリダクターゼタイプⅡの阻害薬ですがTGF-β1をコントロールする治療薬の開発が望まれます。

AGAの治療

AGAの治療

AGAで最もメジャーな治療法は有効成分フィナステリドが配合されたプロペシア処方によるものと有効成分ミノキシジルが配合された外用薬の使用があげられます。プロペシアを服用することによって、内側からAGAの原因物質であるジヒドロステロンを抑制、抜けを予防し、ミノキシジルを使用することで外側から頭部の血流を良くし、発毛を促進させることができます。

有効成分フィナステリドで抜け毛予防

有効成分フィナステリドのAGA治療薬を飲むことで、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを増やす5αリダクターゼという酵素を抑制するといわれています。血液によって毛乳頭まで運ばれてきたテストステロンが、5αリダクターゼと結合することによってジヒドロテストステロンに変化します。

発生したジヒドロテストステロンは、毛母細胞の働きを妨げてしまうため、髪の成長が止まってしまうから、この内服薬プロペシアを服用すると、血液の中に5αリダクターゼを抑制するフィナステリドを取り入れることができます。

フィナステリドが血液中に残っていられる時間は24時間。ジヒドロテストステロンを発生させないというプロペシアの効果を得るためには「フィナステリドが血液中に存在している」という状態をキープすることが重要です。そのため、24時間に1回の継続的な服用が重要です。

有効成分ミノキシジルで発毛促進

外用薬のミノキシジルは、血管を拡張させる働きがあります。主にリアップ・ロゲインなどの製品名で処方されているものが有名です。頭皮はさまざまなストレスや不規則な生活習慣によって多くのダメージを受けています。そのダメージによって、頭皮の血行の流れが滞ってしまうと毛根に十分な栄養が行き渡らない、髪の毛の成長を抑えてしまうのです。

外用薬リアップは、容器に入った薬液を頭皮に直接塗ることによって、ダメージを受けている頭皮の血行を良くし、毛細血管から毛乳頭まで十分な栄養が運ばれるよう促します。毛根の奥まで栄養が行き渡る環境を作ることによって、髪の毛の成長を促進させるのです。

毛髪再生メソセラピー・ハーグ療法などの頭皮注入・活性化治療

痛みがなく効果が高いということで人気が出てきている治療法です。毛髪再生メソセラピー・ハーグ療法ともに、発毛や育毛に効果がある有効成分を直接頭皮に注入し、毛根部分に働きかけます。その結果、毛根が復活し、丈夫な髪の発毛・育毛が期待できるのです。

毛髪再生メソセラピーとハーグ療法の違い

両方とも注入治療なのですが、使用する有効成分に違いがあります。毛髪再生メソセラピーは主にビタミンやアミノ酸等を注入します。ハーグ療法は幹細胞から抽出したタンパク質AAPEと、ビタミンやアミノ酸等を注入します。

ただし、最近では毛髪再生メソセラピーでも成長因子も使用するところもあって、薬剤による差がなくなってきているとも言われています。発毛を促進する各種の成分が豊富に含まれている幹細胞から抽出したタンパク質を有効成分として用いる「毛髪再生スマートメソ」という注射器を使わない独自の毛髪再生メソセラピーを行っています。

毛髪再生スマートメソの流れ

効果を最大にするには、有効成分を浸透させる頭皮の改善から行うことが重要です。この考え方は、CO2フラクショナルレーザーを使い、最初に頭皮ケアを行います。古い頭皮を再生するよう促し、血行を良くしてから特別な技法を用いて有効成分を注入する育毛メソラピーの進化系施術「毛髪再生スマートメソ」を行っています。

「毛髪再生スマートメソ」では、発毛を促進する成分が豊富に含まれている幹細胞から抽出したタンパク質を有効成分として使用しており、これがいわば発毛のスイッチの役割を果たすのです。頭皮に浸透した有効成分は、毛母細胞を活性化させ、発毛へと促します。