AGA治療薬はどんな副作用がある?

AGA治療薬の副作用

AGA治療薬は様々なものがあります。その副作用も薬によって様々で、性欲減退、勃起機能の低下、うつ、精子減少、頭皮の痒み、身体のむくみ、場合によっては肝機能障害を起こすこともあります。これから、AGA治療薬にはどのような副作用があるの?お話します。

男性機能の低下

AGA治療薬の副作用としては、男性機能が低下するということがあげられています。病院やクリニックの見解としては誤差の範囲内であるということがいわれていますが、実にAGA治療薬を使った人の口コミを見ていると、データよりは実際に副作用を感じている人が多いようにも思われます。

AGA治療薬の副作用としては、性欲が低下するということもあげられています。やはり口コミを見ていても、性交渉の回数が減ったとか、性交渉をするパートナーが必要なくなったなどとする意見もみられます。これに関しても、データの上ではそれほど数値が高いわけではありません。

精神的に落ち込む

AGA治療薬の副作用や、ポストフィナステリド症候群の症状として、精神的に落ち込んだり、よくうつ状態になったりといった、精神的な症状があらわれることもあるということです。それに、ポストフィナステリド症候群の人には、アルコールの摂取量が減少する傾向もみられるということです。

肝機能障害の可能性

AGA治療薬を服用することによって重大な副作用が表れることはないとされていましたが、販売元のMSD社によって、肝機能障害が現れる可能性があるかもしれません。しかし、これはなにもフィナステリドに限った話という訳ではありません。

もし、AGA治療薬の服用を続けているうちに風邪のような症状がみられた場合には、単なる風邪だと放置しないで、かかりつけのお医者さんに相談するように心がけましょう。また、AGA治療薬を服用する時には、肝機能障害が起こる可能性があるということを肝に銘じるようにしましょう。

内臓への負担が増す

AGA治療薬の副作用としては、内臓への負担が増すことによる内臓機能の低下などがあげられます。ミノキシジルはもともとアメリカのファイザー社により、高血圧の治療薬として開発されたという経緯があります。

心臓の拍動が強くなってしまうため、狭心症などの心疾患が起こるリスクが生じる訳なのです。現在に日本では、内服タイプのミノキシジルは高血圧の治療薬としては認可されていません。