AGAは治るのか?

AGA治療の効果は気になりますよね。今まで育毛剤などご自身で色々試してきて、なかなか効果が出なかった方であればなおさらです。AGAは本当に治療で治るものなのか、最終的に完治するのか、AGA治療の効果や期間についてお伝えしていきます。

AGAは完治するのか?

AGAは完治するのか

薬の継続が必要であるという意味では、残念ながら、AGAは完治しません。AGAの治療は「現状維持」「進行を遅らせる」ことが目的となります。AGAを引き起こしているのは変異した男性ホルモンです。そのジヒドロテストステロンが生成されないようにするには、フィナステリドの力が必要です。フィナステリドの効果を持続させるには、薬は飲み続けなければならないのです。進行型の薄毛ではなく、一時性の脱毛症は、完治が可能です。円形脱毛症は、ストレスや自己免疫疾患が原因と言われています。そのため、その原因を解決させることによって、髪の毛が生えて完治するのです。

AGA治療方法と期間・効果持続

AGA治療は継続することで効果が出ます。治療薬の効果が実感できるようになるのには早くても3カ月はかかります。それに、効果が出たからと言ってやめてしまえばまた元の状態に戻ってしまうから、継続しなければその効果も持続しません。

また、治療薬を続いて1年経っても効果がない時は、最終的には自毛植毛等へ治療方法を変更することも必要です。基本的には続けることが大切なAGA治療。自己判断ではなく、クリニックでは、症状や経過状況に合わせて、効果的に治療することができます。

クリニックでは、今後AGAを発症する可能性があるのかなどを詳細に診察することができますし、髪の毛の量はあるが髪の毛が細いなどの、症状に合わせた治療方法を提案することができます。また、治療の経過をみて、薬の量や通院回数を減らすなどの調整を行い、効果的かつ経済的な治療を続けることができます。

市販されている医薬部外品の育毛剤や育毛シャンプー、増毛剤などはクリニックで処方される薬とは違って効果が穏やかなものです。そのために、クリニックで処方される薬に比べるとその効果を実感できるようになるには、時間がかかりますよね。

AGA治療はどこでできるのか

AGAの治療を始めようとする時、どこへ行ったらいいのでしょうか。クリニック?育毛サロン?それとも皮膚科?いろいろあるから迷ってしまいますよね。これから治療を行う方法について話します。

クリニック

AGA男性型脱毛症治療を専門とする医療機関のことで発毛外来とも呼ばれることもあります。専門の医師による医薬品の治療やそのクリニック独自の最新の発毛医療を受けることができます。育毛サロンとの大きな違いは医療機関であるという点です。

育毛サロン

独自のクレンジングや洗髪、育毛剤の処方で、頭皮の環境を改善して、発毛を促進させることができます、育毛サロンはエステ同様、医療行為は一切できません。それに、薬を処方することもできません。育毛サロンは、医療機関ではないけれども、薄毛や脱毛症のケアを行っているところになります。

個人輸入

個人で直接海外から治療薬を輸入したり、個人輸入代行業者を利用し、クリニックで処方されるような治療薬を安価で入手し治療する方法です。インターネット等で簡単に行うことができますが、その治療薬の安全性等は自己責任となります。

皮膚科

皮膚科でもAGA治療を行っていますが、皮膚科で行っている治療はAGAの進行を止める治療になります。そのために、プロペシアなどの薬を処方してもらうことはできます、頭皮のケアや頭皮に有効成分を注入するような発毛を促進させる治療は基本的に行っていません。

効果的なAGA治療

効果的なAGA治療

生え際や産毛、毛包すらなくなってしまった場合の回復は難しくなります。「最近生え際が気になるな」、「ちょっと薄くなってきたかな」と気になり始めたらすぐに治療を行いましょう。初期の段階は薬を使用して治療を行うことができますが、AGAが進行してしまうと自毛植毛が必要になる可能性もあります。

安心・安全でコストを抑えるためにも早期治療はとても重要です。それで、AGAは未成年でも発症します。クリニックでは高校生など、未成年の方でも治療が可能です。しかし、その時には親権者様の同意が必要になります。安心・安全な治療を行うためにも、同意書をご持参の上、親権者様のご同伴をお願いしています。

発毛施術や植毛も同じく「続けなければならない」方法

発毛施術においても「完治」するものではなく。発毛施術によって、頭皮を健康な状態にしても、施術をやめてしまえば、また元の不健康な状態に戻ってしまいます。また、自毛植毛の時、男性ホルモンの影響を受けない側頭部や後頭部の髪の毛を移植するものなから、植毛を行った部分はいわば「完治した」と言えますが、薬を飲み続けなければ、男性ホルモンの影響によって、いずれ別の場所にAGAが発症し進行する可能性もあります。