ジェネリック育毛剤

ジェネリック育毛剤とは?

ジェネリック育毛剤とは

医師を受診して処方されて医薬品の育毛剤と同じ効果でありながら、低価格で購入できる育毛剤のことを「ジェネリック育毛剤」と呼びます。

ジェネリック医薬品とは、すでにその効果が認められている先発医薬品と、ほぼ同じ効果を得られて同じ成分の後発医薬品のことです。ジェネリック育毛剤とは、この後発医薬品の育毛剤のことです。

優れた効果が同じなら、迷わない低価格のジェネリック育毛剤を使いたいと思う方が多くいらっしゃると思っています。費用の面でも優れているジェネリック育毛剤が役に立ちます。ジェネリック育毛剤にはいろいろな効果を期待することが出来るから、自分に合う育毛剤を選んでください。

育毛剤の種類

薄毛や抜け毛の悩みにおいて、育毛剤はとても大切なヘアケア製品です。育毛剤はどこでも買えるから、医師の診断も必要ないです。育毛剤の種類はとても豊富で、どのように選んでいいのか悩んでいます。

薄毛の原因は人にとってそれぞれですから、その薄毛の原因を突き止めて、自分の症状に当てはまる育毛剤を選ぶことが成功のカギとなります。多くの育毛剤は、様々な効果が出るように作られているのですが、やはり主な効果を調べて自分の症状に合うものを選びましょう。

男性ホルモンを抑制する育毛剤

男性ホルモンを抑制する育毛剤は男性型脱毛症(AGA)と言われる、男性ホルモンの発毛抑制物質によって起こる薄毛に効果的な育毛剤です。多くの薄毛の原因と言われているのが、この男性ホルモンの影響です。

血行促進して血液循環を良くする育毛剤

血行促進して血液循環を良くする育毛剤は頭皮の状態を良くして毛細血管を広げることにより、血液循環をスムーズにして発毛を促進する育毛剤です。たくさんの市販の育毛剤には、この効果を期待することが出来ます。

栄養を与え毛母細胞の活性化に効果的な育毛剤

髪は毛母細胞が成長して作られます。栄養を与え毛母細胞の活性化に効果的な育毛剤は細胞レベルで活性化させる効果のある育毛剤です。直接栄養を頭皮に浸透させて、毛母細胞の分裂を活性化させてくれるから、丈夫で健康な髪を作ります。

過剰な皮脂の分泌を抑える育毛剤

過剰な皮脂の分泌を抑える育毛剤は過剰な皮脂による影響で、毛穴が塞がって健康な髪の成長が出来ない脂漏性脱毛症のための育毛剤です。頭皮の環境の改善を図り、過剰な皮脂を正常に整えてくれます。脂性体質の人には最適な育毛剤と言えます。

頭皮の乾燥を防ぐ育毛剤

頭皮が乾燥してしまうと、フケが多量に発生して、毛穴も塞がって細菌が繁殖してしまうことがあります。毛根が炎症してしまうと、脱毛症になってしまいます。頭皮の乾燥を防ぐ育毛剤は自然の成分で髪の乾燥を防ぎ、しっとりと潤いを与えてくれる育毛剤です。

このように育毛剤には、効果も様々で、自分の症状に合うものが選べるようになっています。今の頭皮や髪の症状が一体どのタイプになるのか、医師に相談すれば正しい対処法が分かります。市販で販売されているいろいろなタイプの育毛剤の中から最適なものを選ぶことが、育毛生活には1番大切なこととなります。

ジェネリック育毛剤の特徴

ジェネリック育毛剤の特徴

ジェネリック育毛剤の特徴は大体いくつがあり、価格が安いこと、国内認可を待たずに使用できることなどがあります。

価格が安いこと

新規に育毛剤を開発して、試験して、安全性を確認して、公的機関に認定してもらまでには膨大な時間と費用がかかります。ジェネリック育毛剤は、この投資が不要なため、必要な利益を確保するだけですから、低価格で製造・販売ができます

育毛剤の成分自体は同じものだから、成分は変わらない価格が安いということになります。同じ効果を安い価格は魅力的です。育毛剤は長期にわたり使用するもので、価格が安いことは、重要な育毛剤の選択基準です。

国内認可を待たずに使用できること

医薬品の場合は、医師の診察を受け、処方してもらい育毛剤を手に入れなければなりません。医薬品でなければ、薬局などで購入できます。一方で以前は海外で開発された新しい育毛剤は、ジェネリック育毛剤が発売されても、国内で認可されるまで試したくても法律上不可能です。ただし、現在では、個人輸入や代行業者に委託してジェネリック育毛剤を適切な費用で試してみることができます

ジェネリック育毛剤はこんな人にはおすすめできません。

ジェネリック育毛剤はこんな人にはおすすめできません

ジェネリック育毛剤は効果が期待できる発毛有効成分が配合されています。逆にその反面、副作用のリスクがあります。そういうジェネリック育毛剤を使う時は、それなりの自己管理のできる人でないとおすすめできません。具体的は説明します。

リスク管理、自己管理のできない人

ジェネリック育毛剤を使う時は、日本で医者にかかりながら使用する場合は少なく、個人の自己判断のもとに、海外から個人輸入または代行業者に委託して入手・使用します。したがって、育毛剤の成分が自分の体質に合うのかどうかは自己判断と自己責任となります。副作用のリスクを含め、それを自己管理できない人にはジェネリック育毛剤はおすすめできません

医者や薬剤師に相談した上で、自己責任のもとジェネリック育毛剤を試すことをおすすめします。

値段だけで選んでしまう人

ジェネリック育毛剤のメリットは価格が安いことですが、逆に値段だけで選んでしまう人にはジェネリック育毛剤はおすすめできません。例えば、前のフィンペシアはキノリンイエローを含んでいましたが、その時のフィンペシアの流通在庫や模造品が格安で販売される場合が想定されます。

同じのように、微妙に名前を変えたまがい物の育毛剤が流通することもあります。そうしたまがい物には、有効成分がほとんど含まれていないようなものがあります。ジェネリック育毛剤では、値段だけで衝動買いは絶対に避けましょう

用法を守れない人

ジェネリック育毛剤には効果の出やすい反面、作用が強い成分だったり、配合の割合が多いの育毛剤もあります。子供や未成年、女性には有害となります。また成人の男性であっても、それぞれの体質により副作用の出る場合もあります。したがって育毛剤の用法を守り、順守できる人いないと、効果が出ないばかりか、害となってしまいます

育毛剤にジェネリックを選ぶメリット

価格が安い

普通であれば新薬の開発には膨大な時間とお金が必要です。ただし、ジェネリック薬というのは、元薬と成分は同じですが、すでに特許の切れた薬を製造するから、開発コストがかかりません。

そのため元薬に比べると同じ成分で同じ効果の薬にも関わらない、とても安価で販売することができます。風邪をひいて病院に行った時にも、処方された薬のジェネリック薬を選べばわざわざ高い薬を購入しなくても大丈夫です。

個人輸入や代行業者経由で国内認可を待たず早く使用できる

医薬品のメリットは、薬だけ欲しくても医師の診察を受けて処方箋を書いてもらってからでないと購入できない点にあります。この点は育毛剤の時も同じです。AGA治療がとっつきにくい点もここにあります。ただし、医薬品というのは、体質により合うとか合わないの可能性もあるから、安全面を考えると発毛専門クリニックを受診することをおススメしないわけではないです。あくまでも自己責任でという点は忘れてはいけません。