薄毛の原因は?改善法は?あなたの悩みを解決します!

薄毛とは

薄毛

髪のボリュームがなくなて、頭皮が透けて見えるということは薄毛です。薄毛とは何らかの原因によって髪が抜け落ち、それ以降髪が生えてこない状態になって髪が薄くなってしまうことです。

髪の毛には、ヘアサイクルと呼ばれるサイクルがあります。成長期、退行期、休止期といったサイクルを4~7年で繰り返すのですが、薄毛や脱毛の時にはこのサイクルの期間が短くなって、髪が成長する前に抜け落ちてしまうのです。特に薄毛に影響するのは成長期です。

成長期というのは、髪が生まれるからの段階。古い髪が離れると、奥の方では毛母細胞が分裂を始め、新しい髪を作ります。新しい髪が成長し古い髪を押し出し、古い髪が抜け落ちると、今度は新しい髪が太く成長します。髪の毛の約80~90%がこの状態にあると言われ、子の成長期が短いと薄毛になります。

薄毛の原因

薄毛の原因

人間の髪の毛は、頭皮の内部にある「毛根」と頭皮の外側にある「毛幹」に分かれています。毛根の根本には「毛乳頭」があり、ここに頭皮の毛細血管から各種の栄養が送られて、細胞分裂を繰り返すことで、髪の毛は成長します。

毛乳頭はこのように毛髪の成長を促す大事な組織ですが、ストレスや食生活や生活習慣の乱れによって血流の流れが悪くなったり、ホルモンの過剰な分泌などによって、毛乳頭が正常に機能しなくなったとき、毛髪の成長は妨げられ、異常脱毛が起こってしまいます。これがAGAを引き起こす原因となります。

薄毛の主な原因

ストレスによる薄毛

ストレスや代謝の異常によって毛根に栄養が行き渡らなくなって、髪が育たなくなるなどの説があります、現時点ではどのような仕組みで起きているのか具体的にはわかっていません。

紫外線による薄毛

紫外線を長時間浴びる事はあまり良くなく薄毛の原因の1つと考えられます。

不規則な生活や睡眠不足による薄毛

昼に受けた髪のダメージは寝ている間に修復されるから睡眠不足は髪にも良くないです。規則正しい生活を心がける事が大事です。

食生活の乱れによる薄毛

最近は食生活の乱れによって栄養不足の方が増えています。タンパク質が十分に摂食しないと髪は十分に育たなくなります。バランスのとれた食生活を心がけましょう。

間違ったヘアケア

間違ったシャンプーの仕方や、過度な染髪、脱色なども薄毛の原因となるから気をつけましょう。

遺伝による薄毛

遺伝的に男性ホルモンの分泌量が多いほど抜け毛・薄毛も多いということです。男性ホルモンのテストステロンに影響されて、髪の成長を抑制し、早く抜けてしまうのが原因と言われています。また男性ホルモンによ原因で薄毛になりやすい体質というのは遺伝すると言われています。遺伝という意味でのは具体的な現象としては、父親が薄毛で本人にも脱毛症が進んだ場合、その『型』『パターン』が似たものになることはあります。

薄毛の種類

薄毛の種類

若い者から薄毛が出現する人、30代40代の中年以降に急速に脱毛が進む人など、脱毛症には個人差があり、その種類もさまざまです。その中でも、男性型脱毛症は成人男性に多くみられる脱毛症で、国内ではAGAに悩んでいる方は約1000万人を超えています。

薄毛の主な種類

男性型脱毛症

男性型脱毛症は30~40歳代から起こる脱毛症です、男性の10人に1人がこのAGAに悩まされていると考えられます。「男性ホルモン」の過剰な分泌がその原因であり、頭頂部と額の生えぎわから起こることが特徴です。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は人間の皮膚に存在するマラセチア菌という真菌の増殖によって引き起こされる脱毛症です、皮脂の過剰分泌がその原因です。

マラセチア菌は皮脂をエサにして増殖しますが、この菌が増殖すると頭皮にフケやかゆみなどの症状が出ます。さらに悪化すると毛穴がふさがってしまい、毛根の部分が炎症を起こして、脱毛が始まります。

円形脱毛症

円形脱毛症は文字の通り、髪が円形や楕円形に抜けてしまう脱毛症です。突然、抜け始めるのが特徴で、一箇所だけではありません、数箇所が抜けて面積が拡大することもあります。

円形脱毛症は、ストレスが原因であるといわれますが、現在では、ストレス以外にも円形脱毛症を引き起こす原因が解明されつつあります。

円形脱毛症で抜けた毛には、毛球を中心にリンパ球が多く含まれているという事実から、自己免疫説が現在のところ有力です。

それに、過剰なストレスを受けると自律神経が緊張して血管収縮のため頭皮への血流が悪くなり、毛根への潤滑な栄養補給が阻害され脱毛する自律神経異常説があります。

粃糠性脱毛症

粃糠性脱毛症は頭皮に多くのフケが発生することで引き起こされる脱毛症です。「脂漏性脱毛症」と同じように、毛穴がフケでふさがれ、その結果、毛根が栄養不足となり、新しい毛髪の発育が妨げられます。

機械性脱毛症

機械性脱毛症は髪の毛を引っ張り続けたり、物理的な力が加わることで起こる脱毛症です。ヘルメットをかぶり続けたり、ポニーテールのように長時間髪を強く束ねたりすると起こりやすいといわれています。額の左右の生えぎわが後退していくことが多いです。

抜毛症

抜毛症は正常な毛髪を自分で引き抜いてしまう病気です。情緒不安定や精神的不安などの精神的なストレスからくる一種のクセで、子供や女性に多いのが特徴です。このような抜毛行為が長期間続くと、抜かれた部分からは新しい髪が生えなくなります。

薬剤による脱毛症

抗癌剤などの薬剤の副作用によって髪の毛が薄くなる症状です。ガン治療や肝炎などの治療を受けている方に多くみられます。

薄毛の改善法

薄毛の改善法

髪が細くなってきた、抜け毛が増えた気がする…そのような薄毛の前兆が見える方は自宅でのケアを行いながら改善されることができます。早めに対応することで治療法の幅も拡がり、治療費用による経済的負担もかからなくて済みます。

自宅での改善法

生活の見直しを行います。特に睡眠不足やストレスは抜け毛に大きな影響をもたらします。男性ホルモンである「テストステロン」は、たった1日徹夜するだけで大きなダメージを受けてしまいます。

そのたった1日徹夜した分のダメージを取り戻すにはなんと1週間もかかってしまいます。寝不足の状態が続いているということは、ホルモンサイクルが常に乱れている状態と言えます。

「ゴールデンタイム」と言われている夜10時から2時までの間にぐっすり眠るように心がけましょう。それに、頭皮はストレスをとても受けやすいと言われています。髪の毛のために気をつけたい点をまとめてみました。

気をつけたいこと

・「ゴールデンタイム」の睡眠
・頭皮は清潔に保つ
・アミノ酸、亜鉛、ビタミンの摂取
・禁煙、禁酒
・育毛剤を使用する

 

育毛剤は薄毛になってから使うアイテムではありません。今ある髪の毛を守るための初期から使うべき予防アイテムなのです。生活習慣を改めながら頭皮をしっかりケアし、毛根に栄養を届けられるように使っていきましょう。

クリニック

まずはAGA遺伝子検査や無料カウンセリングを受けてください。それに、自分の遺伝子がAGAを発症する確率が高いのかどうか知る事はとても重要です。

AGA遺伝子検査では、口内粘膜から採取し、遺伝子を測定することによって将来的なAGAの発症リスクとAGA治療薬であるフィナステリドによる治療効果をあらかじめ予測することができます。

この結果によって、自分に最も相応し治療法を見つけることができます。また、自分では気がついていなくても専門医から見ると実はAGAを発症しているということも多くあります。手遅れになる前に、AGA治療クリニックで行われている無料カウンセリングなどを受けることをおすすめします。