薄毛は遺伝するのか?薄毛遺伝子は?

薄毛は遺伝するとはよく言われていますが、でも、それは、本当でしょうか?もし家族や親せきに薄毛がいたら自分もそうなるのかと悩んでいる。これから、薄毛は遺伝するのか?薄毛遺伝子は?ということについて解説していきます。

薄毛は遺伝するのか?

薄毛は遺伝するのか

薄毛は遺伝します。薄毛と男性ホルモンの関係を研究していたハミルトン博士は、薄毛は遺伝するのかということについて実験を行っています。

その実験内容とは、去勢された男性の薄毛進行具合を調べるというものです。男性ホルモンであるテストステロンは、睾丸から分泌されます。去勢によって、テストステロンが分泌されなくなった男性の髪の毛の状態はどのように変化していったのでしょうか。

最初、分かったのが「思春期以前に去勢されると薄毛にならない」ということです。男性ホルモンであるテストステロンは思春期以降に分泌が始まります。テストステロンが分泌され始める前に去勢されると薄毛にならなかったのです。

次に「もともと薄毛の男性が去勢されると薄毛の進行が止まる」ということ。去勢によりテストステロンが分泌されなくなると薄毛は進行しないことが分かりました。ハミルトン博士は、去勢された人にテストステロンを投与するという実験も行います。実験対象となるのは、「家系に薄毛の人がいない人」、「家系に薄毛の人がいるけれど、まだ薄毛が始まっていない人」、「家系に薄毛の人がいて、すでに薄毛が始まっている人」です。

薄毛遺伝子は2つ

薄毛遺伝子

現在わかっている薄毛に関する遺伝子は2つです。

・5αリダクターゼの活性の高さを決める遺伝子
・アンドロゲンレセプターの感受性の高さを決める遺伝子

そもそも薄毛は、テストステロンが変化したジヒドロテストステロンが原因であることがわかっています。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンに5αリダクターゼが結合することによって生成されています。

家系に薄毛がある人がテストステロンを投与することによって、薄毛が進行したのは5αリダクターゼを生まれつき多く持っていることを指しているのです。

5αリダクターゼによって生成されたジヒドロテストステロンが、毛乳頭に存在しているアンドロゲンレセプターに反応すると毛母細胞の分裂が止まったり、毛母細胞が死んでしまい、ヘアサイクルの乱れを引き起こしてしまいます。

その結果は、髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうですが、遺伝的に薄毛になりやすい人は、このアンドロゲンレセプターがジヒドロテストステロンとくっつきやすい傾向にあります