高校生にも薄毛になる?

「自分はまだ若いから薄毛の心配はまだない」と考える人もいると思います。確かに、中年男性よりも若い男性のほうが、薄毛になる可能性が低いのは事実ですが、でも、まだ若い、10代で薄毛に悩む男性もいるのが実態です。

日本では男性で薄毛症状がある人の割合は増加傾向にあり、10人に1人が薄毛だといわれています。若い頃から症状がある人も増えており、12~15歳、中学生の年頃から薄毛症状が出る人もいます。

高校生で薄毛になる原因

高校生で薄毛になる原因

若い高校生でも薄毛になる理由、それは意外なものでした。高校生になって今までできなかった、しなかったことに挑戦し、楽しく生活を送っていることで、おのずと薄毛発症のリスクが上がっていたのです。

一見さほど問題がなさそうな、高校生らしい生活を楽しんでいるだけのような印象です。ですが視点を変えると髪への負担、生活習慣の乱れ、睡眠不足、ストレスの増加といった薄毛の原因がひととおり揃っているのも事実です。

高校生が薄毛になるリスクが高くなる原因

・カラーやパーマなどで髪にダメージを与えている
・目を酷使している
・夜更かし、睡眠不足
・食生活が乱れている
・ストレス

これらに心当たりがある時には、生活習慣の見直しが必要です。

高校生の薄毛の改善方法

高校生の薄毛の改善方法

薄毛の予防や改善のためにやっておきたいことはたくさんあります。それに、高校生のうちに薄毛の予防方法を知り、改善策をとることで将来の薄毛リスクを低下させることができます。改善するべき三つのポイントをチェックしましょう。

髪を正しく洗う

髪を正しく洗うって、それは、簡単なことですが、実際にしっかりできている人は少ないのです。正しいシャンプーの使い方を確認します。毎日のですから、初めの数週間しっかり意識しながら続ければ、自然とできるようになります。

1.入浴前に髪をブラッシングしてほこりを落とす
2.ぬるま湯を頭皮と髪に流し、すすぐようにして髪と頭皮の汚れを洗い落す
3.シャンプーを手に取って泡だててから髪につけ、頭皮を指でマッサージするイメージで洗う
4.シャンプーをしっかりと洗い流す
5.タオルで水気をとって、熱すぎないドライヤーで髪をしっかりと乾かす

髪をきちんとを洗って、大事にしなさい。

栄養を意識した食事をとる

髪の健康に必要な栄養は、重要なのは四つです。

・亜鉛
・たんぱく質
・ビタミンB類
・ビタミンA

とくに亜鉛やタンパク質は髪の毛の生成に必要不可欠な成分です。亜鉛は、チーズやレバー、牛乳に多く含まれています。たんぱく質は卵、納豆、魚、大豆から摂取できます。

適度に運動する

運動することで体の血行が良くなる、頭皮や髪の毛に必要な栄養素もしっかりと行き届くようになります。それに、薄毛の原因のひとつであるストレスの発散にも繋がるのもうれしいメリットです。

激しい運動である必要はないです。むしろ簡単な運動でもよいから、続けられるものを早速生活習慣に取り入れていましょう。