プロペシア

プロペシアとは

プロペシア

プロペシアとは、フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発して、現在はすでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬です。日本では、MSD株式会社が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年10月11日に製造販売承認を取得し2005年12月14日より国内にて発売開始されております。プロペシアはプロペシア錠0.2mgとプロペシア錠1.0mgの2種類があります。剤形は円形で薄い赤色のフィルムコーティング剤です。

プロペシアの効果

プロペシアは内服することで、AGAで毛穴を刺激する男性ホルモンの産生を抑えることができます。AGAで悪さをして男性ホルモンは、もともとテストステロンというものです。それが、力を持った男性ホルモンである、ジヒドロテストステロンに変わって、このジヒドロテストステロンが直接、毛穴に悪さをします。

プロペシアは、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化して止めてくれます。それによって、毛穴に悪さをする男性ホルモンが少なくなることで、AGAの進行を食い止められるわけです。

プロペシアの有効成分

プロペシアの主な成分は、「フィナステリド」という成分です。アメリカテキサス州からメキシコに自生する「ノコギリヤシ」という植物の薬効成分を研究することによって開発された、化学合成成分です。フィナステリドは、「5α還元酵素Ⅱ型阻害薬」に分類される薬の有効成分となり、AGA治療薬や前立腺肥大の治療薬に用いられています。

フィナステリドは、5α還元酵素Ⅱ型を阻害して、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制します。そのため、毛髪の成長サイクルが正常になり、AGAの改善に効果が期待できます。

フィナステリドには筋肉増強剤の使用を隠蔽する作用がありますから、かつてWADAの禁止薬剤に指定されていたという過去があります。だから、その後ドーピング検査技術が向上し、フィナステリドを服用していても筋肉増強剤などを検出できるようになったから、2009年1月1日をもって、禁止薬剤リストから除外されました。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用が表れる頻度は低いといわれています。副作用が出たとしても多くは軽度であり、服用を中止すれば副作用が収まることがほとんどです。しかし、重要な副作用の可能性もあるから、注意が必要です。重大な副作用には肝機能障害があります。肝臓に持病のある人は、プロペシアを服用する前に医師とよく話ししましょう。

男性機能についても障害が起こる可能性があります。性欲減退、勃起不全、射精障害などが見られることがあるから、子作りを考えている人の中にはプロペシアの服用を一時的に休薬する必要があります。

ほかには、じんましんなどかゆみが起こる症状や乳房肥大や乳房圧痛、抑うつ症状などが見られることもあります。副作用が表れた時は服用を中止し、医師に相談してください。